医師求人の探し方によるメリットとデメリット

医師求人は探し方によって利点と欠点がある

医師の求人を探す方法は、自分自身で一から探す方法と、人材紹介会社に登録する方法、知人に紹介してもらう方法の3つに大別できます。いずれの方法でも転職が可能なことは間違いありませんが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分自身で医師求人を探す場合

まず医師が自分自身で求人を探す時ですが、この場合のメリットは、幅広い医療機関の中から自分が希望する転職先を見つけ出し、応募できることです。自分の考えで自由に転職活動ができます。一方デメリットとしては、情報収集や条件交渉など、転職に必要な事を全て自分で行う必要がある事です。働きながら転職活動をする場合、大きな重荷になるケースがあります。

人材紹介会社に登録して医師の求人を探す場合

医師専門の人材紹介会社に登録することも、医師転職の有効な手段だと言えるでしょう。人材紹介会社を利用するメリットは、希望条件を事前に伝えておくことで、担当者が適切な転職先を探し出し、紹介してくれることです。また、面接や見学などの日程調整についても、人材紹介会社の担当者が代行してくれます。デメリットとしては、必ずしも希望条件に合う求人を紹介されるとは限らないことや、どの人材紹介会社が良いのか見分けがつきにくいことなどが挙げられます。

知人から就業先を紹介してもらう場合

医師の職業は、知人の紹介のよって入職できるケースも少なくありません。知人紹介のメリットは、紹介してくれた人から医療機関の内部情報を教えてもらえるため、入職後のミスマッチを防げることです。一方デメリットは、雇用条件が不明確になりやすいことや、何かあった時に辞めにくいことなどが挙げられます。

医師のバイトは専門性が高い為、一般の求人よりもはるかに高い日給や時給の設定となっています。好条件の場合、1日10万円前後の報酬となるところも少なくありません。