工場の求人で高賃金のところで働いてみましょう

夜間は賃金は高くなります

工場は昼間も夜も動いているところがあります。そんな忙しい工場では、賃金を高くしないと働く人は集まってきません。更に多忙な工場では残業も多くなることもあります。しかし、工場には遊びに来ている訳ではありません。お金を稼ぎたいから来ているのです。少しぐらい忙しかったりまた残業があった労働時間が延びても、工場で働いているうちに仕事のやり方も覚えてきて気の合う人も出てきます。そうなると忙しくて残業があった分高くなった賃金が楽しみになります。特に夜間に働く場合は賃金は夜間手当がつくので高くなります。ただし、長い間、工場で働こうと思ったら夜間だけでなく昼間の勤務と夜間とを1週間ずつ交代にした方が良いでしょう。夜間の勤務は意外と疲労をためこんでしまいます。

住み込みで働きましょう

工場によっては住み込みとして、寮を用意して工場に勤務する人のための言わば住宅を低料金で提供しています。ただし、寮は原則、正社員です。もし、期間工などで働いていたら、まだまだ若い年齢なら正社員として採用してくれる可能性もあるので、自分の仕事をがんばることです。まずは、無遅刻、無欠勤であることです。欠勤するとそこに誰かを配置しなければならないので工場としては困ります。次に、意欲的に働くことです。工場だから同じ作業の繰り返しと思っては進歩はありません。同じ仕事でも、より速く正確にできるように工夫することはできます。第三に行動はきびきびとするということです。何かで呼ばれたり、あるいは自分から行かなければならない時は行動はきびきびと行い、早く本来の仕事に戻ることです。

期間工とは、働く期間を限定された契約社員のことです。派遣社員とは違い、企業から直接雇用されます。工場の稼働が活発な時に、募集が多くなります。