ベストな転職のタイミングは!?医師求人を選ぶポイント

医師の転職活動の始め方

医師が転職を考える理由は人それぞれですが、最近では年収や仕事のやりがい、職場環境などを重視して転職活動を始める人が増えています。中途採用の医師が働きやすい環境が整っている医療機関は全国に多くありますが、中でも段階的なキャリアアップのための研修が実施されているところや、特定の診療科目の経験が活かしやすいところに人気が高まっています。また、転職後に待遇や仕事内容などの面で後悔をしないためにも、在職中から求人サイトや転職相談会などを利用して、自分に合った職場の候補を探し始めることがおすすめです。なお、公立病院や大学病院などでは、中途採用の選考の際に面接だけでなく、様々な形式の試験が行われることがあるため、興味のある医療機関の採用の流れをよく確認しておきましょう。

非常勤の医師に転職をするメリットとデメリット

非常勤の医師の働き方は、常勤と比べて子育てや家事と両立しやすく、自分の時間を長く取れるというメリットがあります。また、手術や不規則な勤務を担当することの多い外科や産婦人科などの診療科目では、非常勤であっても好待遇で働けることがあり、同じ職場でキャリアを積みたい人にオススメです。一方、医療機関によっては非常勤の医師に対する研修が十分に行われていないところや、賞与や各種手当が支給されないところも少なくありません。そこで、初めて非常勤の医師に転職をしたい場合には、自分で求人探しをするだけでなく、人材紹介会社に相談をして、常勤の医師との格差の少ない病院やクリニックを紹介してもらうと良いでしょう。

常範の医師がケガをして半年勤務できない場合、医師を非常勤で病院に勤務して、本来の医師の代行をしてもらいます。