事前に知っておくべきポイント!警備員のバイトの仕事内容と注意点

警備員の仕事内容と勤務地

警備員は利用者の安全を守るための誘導や警備をするのが主な仕事で、日常生活の中で1度は目にしたことがある人も多いかもしれません。

警備員の働く場所は道路工事の現場や駐車場といった屋外警備から、ショッピングモールやコンサート会場などの屋内警備まで豊富にあります。一部の特殊な仕事を除いて特別な資格は必要なく、若い世代から高齢者まで幅広い世代が働くことができるのも警備員ならではの特徴です。

働くために必要な求人の探し方

前述したように勤務地が豊富にある警備員は人手が不足しがちになりやすいことから、求人募集も数多く出ていて比較的採用されやすい職種と言えます。アルバイトから正社員まで幅広い雇用形態で募集しているので自分の希望する働きからができるのも魅力です。

警備員の求人はインターネットのサイトやハローワークで簡単に見つけられます。ただし、警備会社によって勤務地や仕事内容が限定されているケースもあるので、働き方に希望がある人はこの点に注意が必要です。

警備員の仕事のメリット

警備員の仕事をする上での大きなメリットの一つが自由な働き方です。警備員は原則シフト制となっていて働きたい日を自分で選ぶことができます。週何日以上など勤務条件は会社によって若干異なりますが、自分の希望が通りやすくプライベートの予定に合わせた働き方ができるのが特徴です。そのため、他の仕事との掛け持ちや学業との両立を考えている人にもおすすめと言えます。

警備員は体力を使う仕事なので、他業種に比べて給料が高くシフト次第でまとまったお金を稼げます。

駐車場やイベントなどで交通誘導をするのが警備員のバイトです。天候や気温で大変になるアルバイトですが、職場によっては短期間、短時間で働ける点や、日払いで給料がもらえるなどのメリットがあります。